転職活動で独自のキャッチフレーズをアピールするコツ

印象的なキャッチフレーズを伝える

 転職活動では、採用担当者の中には入社の決め手となるインパクトのある応募者を優先に採用する人もいます。面談などで志望動機を伝える際、抑揚が無い状態で仕事のやりたい事を伝えても、なかなか受け入れてくれない採用担当者も多いです。良好な第一印象を維持しながら、採用に直結するキャッチフレーズを考えて、他の応募者よりもインパクトのある志望動機などを示していく意識が必要です。

自分なりの言葉を印象良く伝える工夫とは

 売れる商品には、ただ単に人気であるという要素ばかりではなくて、宣伝の際に消費者に対して印象の良いキャッチフレーズの広告で魅力的にします。転職活動は、ビジネスの現場で商品を売る活動と似ています。採用してもらいたいために、採用担当者にとってどんな言葉や宣伝が好まれるかを考えておいて、キャッチフレーズになる言葉を伝える工夫を凝らしながらアピールします。

営業職を希望する際に好ましい対応の例

 営業職の転職活動の例として、他の職種よりも魅力的な言葉でアピールすると共にこれまでの実績などを折り込んでアピールします。営業職で契約を取った時の商品のキャッチフレーズを示したり、どのように契約を取ってきたのかを具体的にアピールします。事務職などの職も自分なりの実績や好ましいキャッチフレーズを入れて、好印象になるようにエージェントなどのアドバイスを基にアピールする工夫を凝らします。