転職希望者の注意事項と心得

 最近の求人広告は年齢制限を記載してはいけないと法律で決まっている為、年配者にとっては受けて良いのか応募して恥をかくのか迷うところではあります。

 その際にはもし可能であれば、勤めている人の様子、何歳くらいの人が働いているのか見てみるのも判断材料になると思います。事務系は下調べが難しいでしょうが店舗であれば簡単です。年配の方は早い時間帯に勤務に就かれる事が多いので、下見に行くなら朝から午後三時位までが良いでしょう。

《特集》
39歳の転職
正確な情報収集が39歳の転職には欠かせません。

 またどんな表情で働いていらっしゃるかもチェックしましょう。どんな仕事を選ぶのかは自分が何の為に働くのかで決まってきます。もし暇つぶし程度であれば、あまり知識の必要ない単純作業を選ばれたほうがストレスが少なくて良いですし、自分の居場所が欲しくて働くのであれば、協調性が最重要になりますので気の合いそうな人がいそうな職場を探すと良いと思います。

 今までの経験や経歴を生かしたいのであればじっくり焦らずに探すことが大切だと思います。このように、目的によって仕事選びをした方が採用され易いですし、仕事に就いた時に長続きするのです。何にしても転職者にとって一番大切なのは、新しい職場に対して真摯に、そして素直にまた謙虚に挑む事です。転職して来られた方でうまくいかない方は、大概皆さん自分を大きく見せようとされる方であることを付け加えたいと思います。