転職で必要な覚悟とは

 転職先が今まで自分が仕事をしてきた業種や業務内容かにも左右されるのですが、新たな職場では新入社員のような状態を経験することは、覚悟しておく必要があります。

【お役立ち情報】
35歳からの転職
マネジメントのできる即戦力として期待される35歳からの転職。転職体験談はこちらから。

 今まで自分がやってきた仕事の内容と同じような仕事を転職先でもやられるのであれば、新しく覚える必要のある仕事の内容も限られるので、ある程度仕事をこなせば仕事になじみやすいのではないかと思います。人間関係のほうも、仕事ができて、仕事の話も職場の人間と共有ができるようならば、そんなには悪くならないと思います。

 しかし、例えば今までやってきた仕事の業種、仕事内容とはまったく違う業種に転職される方は、覚えなければならない仕事の内容がかなり多い上に、すぐ戦力となる必要があるためにかなり短期間の時間で仕事の進め方、作業内容を習得する必要があり、かなり苦労してしまうのではないかと思います。

 仕事での失敗も多くなると思われるので、場合によっては人間関係が難しくなる恐れもあると思われます。そもそも、今まで働いてきた業種とはまったく違う業種の会社を選ばなければ、前述のような状況にはならないとは思うのですが、もし強い意志があって、どうしてもやりたい仕事があって、今までとは違う世界に行きたいと望まれるにしても、その行き先では素人のような立場から勉強して仕事を覚えなくてはなりません。

 私は35歳で異業種に転職し、1年以上このような状態が続きました。私だけでなく年齢が上がってくるほど、忍耐強さが必要になるのではないのかと思います。