脱サラして異業種へ転職するには

 現在の職場で担当している仕事に不満がある場合、異なる職種へ転職して心機一転一からやり直すという方法があります。異業種への転職は、それがどんな職業であるにせよ非常にチャレンジングな行為です。今までの仕事で得た経験やスキルを生かし手仕事をすることができませんから、安易な気持ちで転職をすると失敗してしまいます。

〈人気記事〉
営業の求人
コンサルティングする、製造部門と販売部門の仲介をする、あなたにピッタリの営業の方法は?

 異業種への転職の代表的な例が脱サラです。サラリーマンとしての立場を捨てて独立開業する脱サラは、単調な毎日に飽き飽きしている人たちの憧れの転職方法の一つでもあります。しかし、脱サラして成功するためには並大抵の努力では不可能です。

 全くの異業種へのチャレンジになりますから、下積みや修行を一からやり直さなくてはいけません。その道一本で働いている人たちからは経験も年齢もハンデを背負ってスタートすることになりますから、生半可な気持ちで挑戦すると確実に失敗してしまいます。また営業力も求められます。

 それでも脱サラで転職を目指す人が後を絶たないのは、強い夢があるからです。高いモチベーションを維持し続けるためには確固たる目標と努力を惜しまない強い意志が必要になります。

 脱サラして異業種に転職するためには、最低でも一年間は食べていけるだけの貯金が必要だといわれています。そのほかにも開業の資金が必要になりますから、脱サラで転職するためには最低でも今までの年収の1.5倍程度の貯金を準備しなくてはいけません。